俳優・女優

山田裕貴の彼女は川口春奈?歴代彼女や好きなタイプは?恋愛観や性格も

山田裕貴の歴代彼女と恋愛観・結婚観・性格

俳優の山田裕貴(やまだゆうき)くんは、様々な顔を持ち、共演者キラーとも呼ばれていますが、今カノが川口春奈といううわさは本当なのでしょうか??

また、歴代彼女や好きなタイプも気になりますね!!

恋愛観や性格なども含めて、知られざる山田裕貴くんの恋愛事情を探ってみたいと思います!!

山田裕貴くんは現在28歳で、生年月日は1990年9月18日です。

出身は愛知県名古屋市で、芸能界入りは2010年のワタナベエンターテインメント主催のオーディションです。

山田くんは「D☆DATE新メンバーオーディション」でD-BOYS部門のグランプリを獲得しました。

俳優デビューは、2011年2月公開のドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』でした。

ドラマ「GTO」「僕たちがやりました」など話題になった作品にも多数出演しています。

2017年には映画やドラマになんと12本も出演しています!

SF映画「亜人」、寺山修司原作の青春映画「あゝ荒野」などに出演し、ネクストブレイク”カメレオン”俳優と呼ばれ、期待されています。

関連記事:山田裕貴の家族構成や学歴は?父や母、兄弟は?中学高校はどこかも!



 

山田裕貴の歴代彼女まとめ

まず、山田くんの彼女では?とうわさになった女性達について調べてみました。

にわみきほ

まず、最初にうわさになったのは、元『ニコラ』のモデルで、女優業、お天気キャスターなど幅広く活動しているアイドルタレントのにわみきほさんです。

本名(出生時):丹羽未来帆(にわ・みきほ)
生年月日:1989年9月27日
年齢:29歳
出身地:愛知県
血液型:A型
所属事務所:スペースクラフト
デビュー作:雑誌『ニコラ』(2003年) 『天装戦隊ゴセイジャー』(2010年・ゴセイイエロー役)

にわみきほさんは、「スーパー戦隊シリーズ」の映画で、『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー役だった山田くんと共演しています。

そして、にわさんも山田くんと同じ「東邦高校」の卒業生です。学年は違いますが、学校の中で、お互いの存在を知っていた可能性もありますね。

とはいえ、同じ地元、同じ高校、同じ戦隊モノ出身という共通点だけでうわさが立ったようです。具体的に熱愛報道などもいっさい出ていません。

なので、おそらくにわさんとは単なる共演者だったと思います。

ちなみに、にわさんは、2016年11月29日に日本テレビのアナウンサー・田中毅(たなかたけし)さんと結婚されました。



 

市道真央


次にうわさになったのは、声優で女優の市道真央(いちみちまお)さんです。

本名:市道真央(いちみちまお)
芸名:M・A・O(声優時のみ)
生年月日:1992年2月1日
年齢:27歳
出身地:大阪府
血液型:O型
所属事務所:イエローキャブNEXT
デビュー作:『週刊少年ジャンプ』(2010年・ジャン魂G!4代目アシスタント) 『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年・ゴーカイイエロー役) 『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(2012年・キラキラ(声)役)

市道さんは、『海賊戦隊ゴーカイジャー』で山田くんと共演していました。そのため、熱愛のうわさが出たようですね。

ですが、市道さんは、アニメの推しキャラの誕生日をケーキで祝うほどの自称・ガチヲタ(笑)「三次元の男性には興味がない」と言っているそうなので、これもうわさレベルの話だと思います。

山谷花純

次は女優の山谷花純(やまやかすみ)さんです。

本名:山谷花純(やまやかすみ)
生年月日:1996年12月26日
年齢:22歳
出身地:宮城県仙台市
血液型:O型
所属事務所:エイベックス・マネジメント
デビュー作:『CHANGE』(2008年・小学校の児童役)

山谷さんは、12歳で子役デビューしているので、すでに芸歴10年!山田くんとは、2013年のドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO』で共演していました。

そして、2015年に『手裏剣戦隊ニンニンジャー』でモモニンジャーを演じていました。

戦隊モノに出演していた共通点もあって熱愛のうわさが出たようですね。ですが、彼女とも単なる共演者のようです。

川口春奈

最後に一番騒がれている、女優でモデルの川口春奈(かわぐちはるな)さんです。

本名:川口春奈(かわぐちはるな)
生年月日:1995年2月10日
年齢:24歳
出身地:長崎県五島市
血液型:O型
所属事務所:研音
デビュー作:雑誌『ニコラ』(2007年) 『ファイテンション☆テレビ』(2008年・ガールズコーナーレギュラー) 『東京DOGS』(2009年・高倉カリン役)



 

川口さんは女優のイメージが強いですが、キッズモデル出身だったんですね。山田くんとは2012年のドラマ『GTO』と2016年のドラマ『受験のシンデレラ』で共演していました。

『受験のシンデレラ』では、ドラマ内で制服デートをしたり、キスシーンがあったせいか、実際のふたりも付き合っているんじゃないかと思われたようですね。

ですが、ネットのうわさのようにフライデーされたという事実はありません。恋人同士を演じると熱愛のうわさが立つのは役者の宿命ですね。

川口さんも共演者キラーと言われるくらい恋多き女として有名ですよね。福士蒼汰くんや山崎賢人くんなど、度々イケメン俳優との熱愛のうわさも出ています。

なので、ドラマの宣伝のための話題作りだった可能性もあります。いずれにしろ、山田裕貴くんとの交際の事実はなかったと思われます。

このように見ていくと、山田くんの熱愛彼女は、みんなうわさレベルでしかないようですね。なので、実際に彼女はいなかったんじゃないかと思います。

山田裕貴の好きなタイプ

次に、山田裕貴くんの好きな女性のタイプを、インタビューなどの発言から探ってみました。

外見-髪型、体型、ファッション

■浴衣姿

ちょっと暑くて、汗で前髪がぺタッとなっている感じが好き。

■モード系のファッション

黒のロングスカートや黒のワンピースとコートで、髪で遊んでいるような人がいい。

■黒髪でパッツン前髪

シックな感じがして好き。

■小動物みたいで色白

■笑顔

自分が落ち込んだり、元気がない時に心からの笑顔で迎えてくれたらノックアウトされてしまう。



 

外見以外-性格、趣味

■変な子

ほろ酔いでふたりで歩いている時に、いきなり後ろからどーんとぶつかってクスクス笑ってるような子が好き。

■天真爛漫

浴衣を着て、巾着を振り回して天真爛漫にはしゃいじゃう子が好き。それで自分も一緒にはしゃぎたい。

■一緒に大笑いできる

「玄関先で三つ指をついて出迎える」とか、自分を楽しませるように頑張ってくれる気持ちがうれしい。そういう冗談を理解し合えて、一緒に笑える相手だったら最高。

■愚痴を言わない

「疲れた」とか「嫌だ」と言わない人がいい。自分もマイナスなことは口にしないと決めているから。

■自分の演技が好きな子

芝居をするために私生活にも影響が出るということを受け入れてくれる子がいい。仕事で輝くために、自分を支えてほしい。

山田くんは、外見よりも性格重視のようですね。とにかくポジティブで、一緒に楽しめる子がいいんですね。それにしては、色白とか笑顔が似合うとか、黒ずくめファッションとか、美人要素がないとキツイような気もします・・・(笑)

山田裕貴の恋愛観

続いて、山田くんの恋愛観も見ていきたいと思います。

山田くんは映画『となりの怪物くん』のインタビューで自称「結ばれない俳優」と公言しています。そして、自身の苦い恋愛経験も語っています。

それによると、山田くんは高校時代はかなりのシャイボーイで、「女の子と話すだけで顔が真っ赤になったり、連絡先を聞くだけで2、3時間悩んだ」とか、「初めて付き合った子と手をつなぐのに4ヶ月かかった」というエピソードがあるんだとか。

当時は女子との接し方に悩んでいた山田くんですが、今では好きだと思った相手にはすぐ気持ちを伝えてしまうそうです。そして、「好きになったら毎日「好きだよ」「かわいいね」「愛してる」と言うと思う」とも話しています。

俳優の経験を積んでいく中で、女子に対する抵抗感もなくなったのかもしれませんね。

また、山田くんは「想像で恋愛はできない」とも語っています。「実際に相手に接してみないとわからないことはあるし、恋愛関係になって初めてわかることもある」とは、なかなか現実的で深い発言ですね。

そして、映画『あの頃、君を追いかけた』のインタビューでは、「モテてる人は好きじゃない」と発言しています。

「僕のこと必要ないんじゃないか」と勘ぐってしまうし、いちいち悲しむのが面倒くさいんだそう。だから、自分を必要としてくれる人がいいんだそうです。

さらに、山田くんは結婚観についても語っています。理想の夫婦像は、「結婚してもずっとイチャイチャして一緒に遊んでるようなバカップル」だそうです。

昔は「高校の時から付き合ってる彼女と10年続いて結婚した」という、両親のような関係に憧れていたそうですが、今は自分のことで精一杯で結婚願望はなくなってしまったそうです 笑。

 

とはいえ、俳優になる前は保育士を目指していたくらい子供好きで、子供は欲しいそうです。ドラマ『3人のパパ』では本当に既婚者では?と誤解されるほど子育てぶりが板についていたそうなので、実際に結婚したらいい夫、いいパパになりそうですね。



 

山田裕貴の性格

最後に、山田くんはどういう性格なのか、インタビューの回答などから分析してみました。

頑固で負けず嫌い

自分がこうと決めたら、それに向かって突き進む。人の意見は聞くけど、自分が決めたことは曲げない。どれだけ自分が傷つこうが、嫌われ者になろうが、言うことは言うし、やることはやる。そうしないと、自分のせいにできないから。

普段が勉強

演技のことを考えない日はない。「こんなトーンでしゃべるんだ」「俺、こんな顔するんだ」「こういう風に人って泣くんだ」とか、日常でも心が動く瞬間を大事にしている。「悲しんだこと、悔しいと思ったこと、笑ってたこと、くだらないことで笑ったこと。日常を観察して、どこまで芝居して、どこまでリアルに持っていくのか」表現に関して、寝るまでずっと考えている。

役を生きている

お芝居をしたくない。台詞も思えなかったら言わないし、思っちゃったら、台本に書いてないことも言っちゃう。その時演じている役によって、普段の振る舞いや性格まで変わってしまう。

ハマリ方が半端ない

休みの日に朝から晩までゲームをしてしまう。映画も観たいと思ったら一日中一気見してしまう。漫画は気持ちが昂ぶりすぎて音読してしまう。

エゴサーチが大好き

「僕はどう思われてるんだろう」という、自分の存在意義が気になる。ドラマの感想を見て「こういう役の方が反響が大きいのか」などと、「冷静に統計を取る感覚」があるそうです。

※エゴサーチとはネット上の自分の評判を調べること。

いじられキャラ

小中高はバカやって、「黙っていればいいのに」と言われるタイプだった。いわゆる「ムードメーカー」で周りを楽しませるのが上手。

総合的に見ると、真面目でストイックな「プロ意識の塊」という感じですね。俳優が天職という山田くんの気持ちがよくわかります。でも、クールそうに見えてサービス精神旺盛というギャップもまた魅力的ですね。

山田裕貴の彼女や恋愛観、性格まとめ

山田裕貴くんの彼女や元カノは、にわみきほ、市道真央、山谷花純、川口春奈。全てガセです。

好きなタイプは、外見は色白でモード系ファッションが似合う人。内面的には、天真爛漫で一緒にふざけたりできる人です。

恋愛観は、高校時代はかなり奥手だったけど、今は積極的にアピールするようです。

山田くんの性格は真面目でストイックだけど、いじられキャラのムードメーカーでもあります。

関連記事:山田裕貴の家族構成や学歴は?父や母、兄弟は?中学高校はどこかも!



 

error: Content is protected !!