音楽・ミュージシャン

鈴木瑛美子の高校や大学は?父親の仕事は何?作詞作曲は何歳からかも


鈴木瑛美子さんは「歌がうますぎ女子高生」として話題になりました。

2015年「ゴスペル甲子園」のボーカル部門で優勝!注目を集めました。
翌年「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」で準優勝。

それがきっかけで湖池屋のポテトチップスのCMに起用されブレイクしました!

そんな鈴木瑛美子さんの出身高校や進学した大学、お父さんの仕事やお姉さんのこと、
また作詞作曲は何歳で始めたかについて、まとめてみました。



 

鈴木瑛美子のプロフィールは?

氏名:鈴木瑛美子
年齢:19歳
生年月日:1999年5月16日 牡牛座
出身地:千葉県木更津市
家族:両親と3歳年上の姉

湖池屋のポテトチップスのCM!

鈴木瑛美子の高校や大学は?

鈴木瑛美子さんの卒業した高校や進学した大学を調べてみました。

高校はどこ?

鈴木瑛美子さんの高校は千葉県立袖ヶ浦高等学校です。偏差値は52-55。

袖ヶ浦高校の文化祭で歌ったことがツイートされています。

ツイートしたのは後輩ですね、「えみこ先輩」と呼んでいるので。

そして、鈴木瑛美子さんが着ているこの制服が袖ヶ浦高校の制服と確認されているので、間違いありません。



 

お父さんのツイートによると、瑛美子さんは、高校時代はバレー部に入っていたのです。
袖ヶ浦高校は部活が盛んで、全国レベルのものもあるそうです!

小松菜奈主演の映画「恋は雨上がりのように」の主題歌を歌っているのが、瑛美子さんとは知りませんでした。

主題歌の作詞作曲をした亀田誠治さんによると、瑛美子さんの生歌を聴いたとき、「人類はこんなにも進化しているのか!」と感動したそうです!

大学はどこ?

View this post on Instagram

Thank u 🎂🍫㊗️ #outback #outbacksteakhouse

A post shared by EMIKO (@emksuzuki) on

鈴木瑛美子さんが進学した大学名は公表されていないので不明です。

瑛美子さんのインスタによると、2018年1月10日に「祝合格 おめでとう!」のプチケーキの写真あり。

大学入学試験に合格したということで、大学進学は間違いないでしょう!

1月10日に大学合格が決まっているので、一般入試ではなく、推薦かAO入試でしょうね。

ご本人は「大学に進学して語学を学ぼうと思っています」と言っているので、英文科でしょうか。

袖ヶ浦高校の2018年3月卒業生が進学した大学リストがありました。

97人の卒業生が17の大学に進学しています。この中で語学に強い学校でしょうね。

神田外語大学は有力候補ではないでしょうか。

https://school.js88.com/scl_h/22005930?page=8

鈴木瑛美子の父親は?

鈴木瑛美子さんの父親は、ミュージカル俳優の杉本智孝(すぎもと・ともたか)さんです。

「スギモト・ミュージカル・ファクトリー」という会社の代表です。

本名は鈴木智孝さん。

杉本智孝さんは作詞作曲家でもあり、
スギモト・ミュージカル・ファクトリー主宰者であり、講師でもあります。

また、スギモト☆ファミリーというゴスペルコーラスグループを主宰しています。

ちなみにお母さんはモデルで、名前は、広田恵子(けいこ)さん。



 

スギモト☆ファミリーの動画です!

親子4人で歌って踊って楽しんでいるファミリー!

お父さんがノリノリで可愛いです!親子4人と友人たちののバックコーラス!

瑛美子さんのご両親は2018年11月10日に銀婚式(25年)を迎えれ、家族4人仲がとっても良いです!

お姉さんの梨紗子(りさこ)さんはお母さんそっくり。
妹の鈴木瑛美子さんはお父さんそっくりです。

View this post on Instagram

11月10日父と母の銀婚式 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 一日早いけど、両親の銀婚を祝いました。結婚して25年。結婚する前の話、結婚してからの話、姉が生まれてからの話、私が生まれてからの話、「両親の人生をここまで知ってる娘達はいないだろう!」と胸を張って自慢できるくらい聞いてきました。父と母は私の憧れです。お互いがお互いを深く理解して足りない部分を補っていつも楽しそうに幸せそうに笑っている仲のいい夫婦。いつか私も両親のような夫婦になりたいと心から思っています😊 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 幼い頃から、1番大切なものは?宝物は?という質問に「家族」と答えていて、欲しいものは?という質問に「ない。なぜなら満たされているから」と答えていました。私は家族が大好きです。幸せです。そう思えるのも私の両親が父と母だったからです。そして姉妹がいてそれが姉だったからです。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 私は自分が好きです。良い部分悪い部分どちらも沢山あります。でも、そう思えるのは私を心から愛してくれる家族がいたからだと思います。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ パパ、ママ、結婚25周年おめでとう😘❤️この日を祝えて幸せだよ💐👰🏻🤵🏻 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ お食事、最高でした。ありがとうございました! ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #iPhoneクオリティ

A post shared by EMIKO (@emksuzuki) on

鈴木瑛美子が作詞作曲を始めた年齢は?

作詞作曲を始めた年齢は7歳!

「I’m seven years old.」という曲です。

英語と日本語の歌詞に曲がついて鈴木瑛美子さん自ら歌って踊っています!

 

鈴木瑛美子さんが作詞作曲を始めたきっかけは、

幼稚園卒園の記念にお父さんが曲を作り、CDにしてお友達や先生にプレゼント。

瑛美子さんもお父さんの真似をして作ってみたそうです。

「大好きなディズニーチャンネルのチーター・ガールズやゴスペルみたいなカッコいい曲になるように適当に作った」ということです。

やっぱり子供って親の真似をするんですねぇ 笑。

大好きなパパが曲をつくってCDにしてプレゼント!

そりゃ~、真似して作りたくなるでしょう。
生まれた時からずっと音楽の中で育っているのでしょうから。

鈴木瑛美子さんの英語の発音が良いと話題になっています。
ディズニーチャンネルのファンだったんですね。

子供は耳がいいから、真似して、自然に英語の発音も身に付いていったのでしょう。

「適当に作りました」というところが可笑しいですね。

一生懸命作りました。でないところが、ゆるゆるで、自由でいいと思います。

父親の杉本智孝さんが投稿したYoutube動画 ↓

鈴木瑛美子さんは9歳の時の音楽の発表会では

「未来がもっと明るくなるように私が未来を変えたい」と言って

こんなすごーい曲をつくって歌っています。

ただ者ではない器をオバサマ感じました。

鈴木瑛美子さん、魂が大きくて純粋なんですね。

これからの活躍が楽しみな歌い手さんですね!



 

error: Content is protected !!