芸能人・有名人

中山美穂の劣化がひどいのは太ったからなの?いつからかや画像も!


女優の中山美穂さんは、1980年代にはアイドルとして大活躍でした。

そんな美穂さんが最近の劣化がひどい、太ったとネットなどで騒がれています。

いったい、いつから、どのように変わったのでしょうか? 

画像もまじえて、まとめてみました。



 

中山美穂の劣化がひどいとは?

中山美穂さんは、1982年に中学1年生でモデルデビューし、その後アイドル歌手、女優として活動の幅を広げて行きました。

1980年代後半には、工藤静香、浅香唯、南野陽子とともにアイドル四天王と呼ばれ、「みぽりん」という愛称で男性を中心に大人気のスーパーアイドルでした。

その人気は、妹で女優の中山忍が「中山美穂の妹」という肩書きを、最近まで付けられるほどスゴイものだったといいます。

2002年に作家でミュージシャンでもある辻仁成さんと結婚してパリに移住し、しばらくは芸能活動をやっていませんでしたが、2005年にCMで芸能活動を再開してパリと日本を往復する生活に。その頃は結婚前の美しさをキープしていました。

日本のテレビ関係者はアイドル時代のファンも取り込もうと、歌番組、映画、ドラマと中山美穂さんに出演をオファーし、その頃からテレビ番組への露出も増えます。

しかし、40代の彼女の姿と若い頃のイメージをまだ覚えている当時のファンの記憶のギャップは埋められなかったのか?

「中山美穂が劣化した」「オバサンになった」と言う書き込みが増えて行きました。



 

中山美穂の劣化はいつから?

2014年に辻仁成さんと離婚し、日本に帰国。それからしばらくして、劣化が囁かれるようになったようです。

中山美穂さんの劣化が囁かれ始めたのは、2015年のFNS歌謡祭辺りだと言われています。

その頃、離婚の原因となった恋人の渋谷慶一郎さんと破局し、傷心の時期だったようです。

それから年々「顔がパンパンになった」「太った」と劣化を嘆く声も増えていきました。

貴族探偵

その声が多かったドラマが2017年の「貴族探偵」です。嵐の相葉雅紀演じる「自称貴族」に仕えるメイドの役でした。

衣装のメイド服が年齢的にも無理があり、あまり似合わないのもあって、「オバさんっぽさ」が余計に目立ってしまいました。

未解決の女

その後、その劣化を嘆く声がピークに達したのが2018年春のドラマ「未解決の女」の頃。

第一回拡大スペシャルのゲストとしての出演は、テレビ局としてもかなりの期待をもってのキャスティングだったはずですが、視聴率の助けになるどころか、別の意味で世間をざわつかせてしまったかもしれませんね。

オバサマの感想としては、「未解決の女」の美穂さんは、「貴族探偵」の時よりも太ってみっともなかったと思います。

大根役者だの、作家の役なのに作家らしい知的さに欠けているだの、さんざん言われていましたね。



 

中山美穂の劣化の原因は?

美穂さんが若い頃に比べて劣化している様子は、これまで書いてきた通りですが、それは年齢的なものだけなのか?他にも原因はあるのでしょうか?

太ったから?

離婚前に彼女が患っていたと言われる子宮筋腫など、女性特有の病気はストレスが関係しているとも言われ、女性ホルモンの影響で太りやすくなるとか。

また、年齢的にも更年期障害が出始める頃で、一度太るとなかなか体重も落ちにくい。

かつてはスーパーアイドルだった美穂さんにも年齢の壁は越えられなかったのかもしれません。

その他の原因は?

容姿の劣化は、美穂さん自身も気づいていなかったはずはありません。

それで彼女自身も焦り、シワ伸ばしでボトックス注射などしていたのかもしれませんね。

ボトックス注射をすると、シワは伸びるものの、少し顔が膨れて見えると言う難点もあります。

また、美穂さんは恋人がいる間は、恋人のためにキレイになろうと努力していたのかもしれませんが、何もなければひょっとしたら気を抜いてしまったのか。



 

中山美穂の現在は?もっと劣化?

2018年秋の連続ドラマ「黄昏流星群(たそがれりゅうせいぐん)」では、美穂さんは痩せて美しくなって登場したのでした!

だから、中山美穂さんが劣化なんてとんでもないです!

「黄昏流星群」では、夫の浮気に耐え、娘の婚約者に思いを寄せられる40代の専業主婦という役を演じているのですが、痩せて美しくなった分、年齢の重みもあって、とても魅力的に見えるとオバサマは思いました。

美穂さんはこの役を演じるために女優として頑張って痩せたのでしょう。

おまけに演技もなかなかのものだと思いました。パン作りが趣味の銀行支店長の妻。仕事一筋の夫を陰でじっと支える妻です。

おまけに夫は出向となり、浮気までするのですが、気づいても心のうちにしまって、日常生活を続けるのです。

そんな微妙な女心をうまく演じていたと思います。

美穂さんは、恋人ができて、2014年子供を置いて離婚。いっしょになった3つ年下の彼とは、1年位で破局。その後も未練が残って苦しんだようです。

「恋愛はしばらくいい」と言っているとか。やはり元彼の渋谷慶一郎氏との失恋が相当こたえたのでしょうね。

そんな失恋の苦しみや子供と別れた悲しみが心に刻まれ、美穂さんは、女性として、人間としての魅力が深まったのかもしれません。

若い頃美しかった女性は、歳を重ねてもその美しさを求められ、大変なことは多いと思います。しかし、歳を重ねても美しいと言われる女性は、太らないことと、精神的な深さを身につけていると思います。

人生経験というやつですね。人生、いつでも山あり谷ありですから。

中山美穂さんは2018年秋現在、劣化はしていません。

離婚、子供の親権は夫、失恋、という辛い経験を経て、自分を立て直して返り咲いていると思います。

まとめ

中山美穂さんの劣化は、渋谷慶一郎さんと破局した2015年頃から。

一番の劣化は2018年春の「未解決の女」の作家役のとき。

しかし2018年秋ドラマ「黄昏流星群」では痩せて、娘の婚約者に恋される美しい人妻役が似合っている。



 

error: Content is protected !!