引用元:TBS




中谷美紀さんが学歴コンプレックスではないかと、ささやかれていますが、どうなのでしょうか。

学歴コンプレックス持つほど、中谷美紀って学歴低いの?って、気になりますよね。

でも、中谷美紀さんは英語とフランス語が流暢と言われています。

ドイツ人ビオラ奏者の恋人とは、英語で会話!と報道されていました。その後、ドイツ語も学習されているようなので、今頃はドイツ語もペラペラなのでは!?

そんな中谷美紀さんの学歴コンプレックスについて、最終学歴と合わせてまとめてみました。


中谷美紀の最終学歴は?

引用元:TBS

中谷美紀さんの高校は?

東京都立代々木高校です。

代々木高校ってどんな高校だったのでしょうね。ちょっと調べてみました。

そもそも中谷美紀さんは、14歳の時に、原宿でスカウトされ、15歳で芸能界デビューされました。

芸能界に入れば、仕事やお稽古で忙しく、普通の高校には行けませんから、芸能人が多く通う定時制の東京都立代々木高等学校 ↓↓↓に進学です。

場所は代々木上原です。

引用元:ヤフーブログ

ここ、代々木高校は、SPEEDの上原多香子さん、島袋寛子さん、元SMAPの中居くんやキムタク、松山ケンイチさん、も卒業生です。

残念ながら、2004年閉校となり、建物も壊され、現在はありません。

代々木高校が廃校になってしまったのは、中卒で働いている人が減ったからだそうです。日本の教育レベルが上がったということですね。

芸能人の高校といえば、中野にある堀越学園が有名ですが、都立の高校にもあったのですね。

さすが東京!芸能人の数が多いから、通う高校もいくつかあるのですね。

ちなみに、都立代々木高校の偏差値は、39~40。堀越高校は37~42。あまり変わりません。




中谷美紀さんの高校卒業後の進路は?

都立代々木高校卒業後、中谷美紀さんは、目白の赤堀栄養専門学校に進学されました!

この学校は今はありません。ただし閉校したのではなく、2014年校名変更し、赤堀製菓専門学校となっています。

引用元:duce

創立は、なんと 1882年(明治15年)で、日本で一番古い専門学校!

日本で初めて西洋料理を教えた学校なんですよ!

目白という場所柄もあり(学習院大学がある)、由緒正しき専門学校ですね。

校名変更前には栄養士科がありましたが、現在はなくなっています。

入学試験は現在は基礎学力を見る筆記試験か実技試験を選べるようになっています。偏差値は特にないようです。

栄養士科があった時は、筆記試験がしっかりあったと思われます。当時の偏差値はわかりませんでした。




創立者 赤堀峯吉(あかほりみねきち)氏の開学のおコトバが素晴らしいのでご紹介しますね。

勉学の前に男女の別なし

学問とは、ただ単に難しき字を知り

解し難き古文を読むことのみに云うにあらず

調理道を通して教養を高め

世の真理へと一歩などとも近づけること

これ他の学問となんら変わるべきところなし

引用元:赤堀製菓専門学校

お料理やお菓子作りを通して教養を高め、真理を探究することも学問であるとおっしゃっています。

なかなか深いお言葉ではありませんか。やっぱり創立者はちがいますねぇ。

この赤堀栄養専門学校、どういう学科があるかというと、製菓学科とカフェ学科の2つで、開校以来一貫しています。

明治・大正・昭和の日本で、洋菓子とカフェ文化をずっと教えてきた学校が赤堀栄養専門学校だったのです。

校名変更後は、洋菓子学科 → パティシエ科 と名称変更しています^^

なんと本場フランスにて、パティシエの研修まであるのです!

中谷美紀さんの時代にあったか知りませんが、もしかして、パティシエ研修でフランスに行かれたのかもしれませんね。フランス語を始めたきっかけが赤堀栄養専門学校かもしれません。

オバサマ、中谷美紀さんは、てっきり栄養士の資格を取るために、入学されたのだと思っていましたが、洋菓子作りやカフェビジネスを学ぶためだったかもしれません。

いまはもうなくなっていますが、中谷美紀さんが学ばれていた頃には栄養士の学科があったので、栄養士の資格も取られているんじゃないでしょうか。

中谷美紀さんのご実家は、東村山市で八百屋さんをされているとのこと。食べ物に興味が強いということではないでしょうか。




中谷美紀さんは学歴コンプレックスか?

ここでちょっと、中谷美紀さんの学歴をまとめてみました。

中谷美紀さんの学歴一覧

東村山市立化成小学校

東村山市立第七中学校

東京都立代々木高等学校

赤堀栄養専門学校(現 赤堀栄養専門学校)


高校卒業後、中谷美紀さんは、大学に進学して学士号を取らないで、実用的な洋菓子作りやカフェビジネス、栄養学を学んだ賢い選択をした方だ、とオバサマは思います。

浮き沈みの激しい芸能界なので、何かあった時に役立つ技術を身につけられたのでしょう。

中谷美紀さん、高校生の時に女優デビューされています。学問が特に好きという理由でもなければ、わざわざ忙しい女優業や音楽活動の合間をぬって、大学に通ったりしないのでは?

調理道であっても立派な学問だ!と創立者赤堀氏も言っていますし!

だから、結論として、オバサマは、中谷美紀さんに学歴コンプレックスはないと思いますよー。




中谷美紀の語学力は凄かったw

中谷美紀さんに学歴コンプレックスがあると言っている人たちは、たぶん、語学力で学歴コンプレックスをカバーしていると思っているのではないでしょうか。

それだけ、中谷美紀さんの語学力は秀でているのです!

中谷美紀さんの英語とフランス語の流暢さは、下の動画↓↓↓を観れば、スゴいってわかりますよ!

英語もフランス語も、発音は、ネイティブ並の流暢さです!

音楽やっている人って、耳が良いからか、発音がいいですよねー。

下の動画は、アジア・フィルム・アワード(2015)での受賞スピーチとモントリオール世界映画祭(2013)のものです。

モントリオールの方の中谷美紀さんは、和服姿がお似合いで、とても美しいです。

上記アジア・フィルム・アワードにて 中谷美紀さん、”Excellence in Asian Cinema Award” を受賞されています。意味は「アジア・シネマ・アワード優秀賞」です。

特にどの映画作品が対象ということはないようです。それだけ、中谷美紀さんは、アジアの映画界で認められているということですね。




フランス語は上記動画によると、18歳から始めたそうです。

中谷美紀さんはパリが大好きで、20代の頃は、パリにアパルトマンを借りて、仕事の合間に滞在していたとか。現地で磨きをかけたのでしょう。

どうりでフランス語の発音がとてもきれい!

好きこそものの上手なれ!といいますが、中谷美紀さんはフランスが大好きなんですね、きっと。

洋菓子やカフェの技術を日本でずっと教えている専門学校を卒業されているので、フランスに興味持つのは自然ですね。


中谷美紀さんは、フランスの有名女優マリオン・コティヤールの大ファンでした!

実はオバサマもマリオン・コティヤールの大ファンです!^^

オドレイ・トトゥ(映画『アメリ』)の方が人気あるのかなぁ・・

映画『君と歩く世界』の監督と主演コティヤールの舞台挨拶に現れた中谷美紀さんの動画あり↓↓↓

フランス語は2,3語しか話されていませんが、発音メチャクチャいいですよー。

きっとマリオン・コティヤールさんの映画の中の台詞をマネして、フランス語に磨きをかけられているのではないでしょうか。

ところで、インド旅行の本を4冊も出版されている中谷美紀さんです。英語も現地を旅しながら磨きをかけられたのでしょう。


2007年アジア・フィルム・アワードでの中谷美紀さんの英語に比べて、2015年の英語はぐっと流暢になっているので、努力されて来たんですね。

2007年中谷美紀さんは、『嫌われ松子の一生』で、主演女優賞に輝かれています!

2007年の英語は予想外に受賞したことで、英語のスピーチの準備なしだったこともあると思いますが、なめらかな発音ではないですね。

2007年の中谷美紀さんの英語↓↓↓




まとめ

中谷美紀さんに学歴コンプレックスはない。

大学に行かずに専門学校に行ったのは、将来を見越した堅実な考え方によるのだろうということ。

最終学歴は、目白の赤堀栄養専門学校(現 赤堀製菓専門学校)卒業。

語学力は本当にスゴい!英語もフランス語も流暢なレベルでした。

以上、オバサマでした。

>>40代の中谷美紀が美肌すぎ!その秘訣は?ストイックとの声も?