俳優・女優

福士蒼汰の高校はどこ?入学理由が変わっている?部活についても!



俳優の福士蒼汰くんの高校や高校時代のエピソードについてまとめてみました。

また福士蒼汰くんは中学の時、ある決心をして高校を選びました。入学理由についてもまとめています。

俳優の福士蒼汰くんは、1993年5月30日生まれの2019年に26歳になります。

友人の付き添いで初めて行った渋谷で写真を撮られた事がデビューのきっかけだとか。

デビュー後は仮面ライダーフォーゼで主演、月9ドラマ「恋仲」でも初主演を果たしその後は映画「ストロボエッジ」や「BLEACH」などに出演。

今最も活躍してる若手俳優のひとりです。



 

福士蒼汰の出身高校は?

福士蒼汰くんの出身高校は、東京都目黒区にある都立目黒高等学校です。

偏差値58で、卒業生の主な進学先トップ3は、東洋大学、日本大学、法政大学です。

目黒高校は、女子バレー部が強く、ダンス部も活躍している高校ですね。

目黒高校卒業生にはタレントの泉谷しげるさん、女優の白川和子さん、作家の向田邦子さん、サッカー選手の齊藤陽介さん、元バレーボール選手の木村憲治さんなどがいます。

福士くんの出身高校がなぜ目黒高校と言われるのかというと、デビューのきっかけになった雑誌に掲載された福士くんの写真に、学校名「目黒高校」がのっていたからです。

また目黒高校のホームページに福士蒼汰くんの本名である福士翔大の名前があった事からも目黒高校で間違いありません。



 

福士蒼汰は高校時代、部活をしていた?

福士蒼汰くんは高校時代ダブルダッチ部に所属していたことを明かしています。

ダブルダッチとはオランダ発祥の縄跳び競技で、2本のロープを2人が回し、3人めがジャンプします。

300年以上前、アメリカのニューヨークがニュー・アムステルダムと呼ばれた時代にオランダ人移民によって持ち込まれました。

「ダッチ」は英語でオランダ人を意味します。

ダブルダッチは長い間アフリカ系アメリカ人の女の子の遊びでしたが、1970代にニューヨーク市の警察官がスラムの非行化防止に役立てようと競技用のルールを作り広まりました。

福士蒼汰くんがダブルダッチ部に入ったのは、単純にかっこいいと思ったからだそうです。

小学校でバスケットボールを始め、中学でも高身長を生かしてバスケット部に入っていましたが、ダブルダッチという新しい競技に惹かれたのですね。

ちなみに福士蒼汰くんの出身中学は東京都大田区出雲中学校です。



 

高2の文化祭ではダブルダッチ部のリーダーとして発表会の進行役を任され、大変だったけど高校時代の一番の思い出になったほど充実感が味わえた経験だったそうです。

ダブルダッチ部に入ったことで、福士くんは性格が社交的になり、積極性が出てきたそうで、友だちからも変わったと言われたとか。

福士蒼汰くんのダブルダッチは2014年の三ツ矢サイダーのCMでも見られます。

非常に残念ながら、現在 目黒高校にはダブルダッチ部はありません! いつ、なくなってしまったのでしょうか。

福士蒼汰くんが目黒高校に入学した年は2009年、卒業は2012年です。今から7年前までは確実にあったのですが・・

福士くんが卒業した後、ダブルダッチ部の部員がいなくなり、なくなってしまったのでしょうか。



 

福士蒼汰は高校時代モテた?

高校時代、福士くんはさぞかしモテただろうと思いますよね?

でも、同級生によると「女子とデートしているという話は聞いた事も無いし見た事もない」と週刊誌の取材に答えています。

だから福士くんの高校時代は女の子よりも男子とワイワイしていたようですね。

とは言え福士蒼汰くんに憧れていた女子も大勢いたのではないでしょうか。本人が気づいていなかっただけだったりしてね 笑。

福士蒼汰が高校を選んだ理由が変わっている?

福士蒼汰くんが目黒高校を選んだ理由は、自分を変えるためでした。

子供の頃から人見知りで恥ずかしがり屋だったそうです。子供同士で遊ぶよりも、家で1人で粘土遊びするのを好む子供だったそうです。

中学のときにふと「何かでっかいことをやってみたい。自分を変えてみたい」と思ったそうです。

そのためにわざわざ誰も知っている人がいない目黒高校に入学したのです。

福士蒼汰くんの実家の住所は大田区らしいので、普通は大田区の都立雪谷(ゆきがや)高校に行くところをわざわざ隣の目黒区の高校に行ったのです。

福士蒼汰の英語が高校時代から凄い?

英語は高校時代からではなく、中学の最初の英語の授業のときに英語の先生から発音がいいとほめられたことがきっかけで福士蒼汰くんは英語好きになったそうです。

ほめられてやる気スイッチが入り(笑)、独学で英語を勉強したようで、高校2年の時には英検2級を取得しています。

そして2014年10月、福士蒼汰くん21歳のときに開催されたローマ国際映画祭でのイタリア語と英語のスピーチが話題になりました。



 

福士蒼汰くんが主演した映画「神さまの言うとおり」が上映され出席したのでした。三池崇史監督が数々の映画作品への貢献でマーベリック賞を受賞されました。

2014年11月14日の笑福亭鶴瓶(つるべ)さんのA-Studio出演時に福士くんがスピーチを披露しています。まずはイタリア語スピーチのあとに英語スピーチを披露し、見事な発音とイントネーションで驚きの声が上がりました。

留学経験も無いし、ネイティブの先生についたこともないとの事なので、どのような勉強方法であの英語力を身につけたのか気になりますよね。

福士蒼汰くんの勉強法をまとめると以下のようになります。

1. 先ずは単語を読む
2. 感情をこめて発音する
3. これを繰り返し行い
4. スペルを頭に入れていった

通学電車の中でも単語の発音をブツブツ言いながら登下校していたようで「周りからは怪しい人だと思われていたと思うけどそんなの気にしてなかった」と語っており、その努力こそが彼の英語力に繋がっているのですね。

福士蒼汰の大学は?

英語が堪能な福士蒼汰くんなので有名大学出身なのでは?というイメージもあるようですが、意外にも俳優業に専念する為に大学には進学していません。

ですので、福士蒼汰くんの最終学歴は目黒高校卒です。

高2のときにスカウトされ、翌年1月にテレビドラマで俳優デビュー。高3で「仮面ライダーフォーゼ」の主人公役。人生急展開で大学どころじゃなかったですね。

高校生で人気が出た俳優さんたちは大学に進学しない人が多いですね。時間もないし、仕事に専念して成功し、もっと上のステージに上がりたいという思いがあるのでしょう。

福士蒼汰の高校まとめ

役柄で色んな学生を演じる事の多い福士蒼汰くんの高校時代を中心にご紹介しました。

留学経験無しで独学であの英語力を身につけたのはさすがだと思います。

あの英語力で今後世界で活躍する福士くんの姿も見られる事を期待しています!



 

error: Content is protected !!