NHK朝ドラのベッピンさんとは別嬪さん(美女)のことだと思っていましたが、違っていました 笑。

別嬪さんのヒロインの話だと勘違いしていました。

調べてみると、ベッピンさんの元の意味やそこから出来た別嬪さんという言葉までわかり、面白いです。

NHKの朝ドラって観始めるとどんどん続きが観たくなりますね 笑。


意味は?

もともとは特別にいい品物のこと。

別品と書きます。

江戸時代発祥の言葉だそうです。

べっぴんさんのドラマでは別嬪という意味と

特別にいい品物を作る人

という2つの意味で使われています。


別品さんと別嬪さんの違いは?

別品ものに対して

別嬪美しい女性にたいして

使われます。

「嬪」(ひん)とは、天皇に仕える高貴な女性を表す漢字。

女性はモノではないので、嬪という漢字が当てられました。







モデルは誰?

坂野惇子さん!(ばんのあつこ)

皇室御用達ブランドの子供服「ファミリア」創業者

まとめと感想

日本語の言葉の面白さ深さを朝ドラのタイトルから知りました。

ドラマのモデルになった坂野惇子さんは特別な品物を作る人だったのですね。

それも赤ちゃんの肌着やオシメから始まって、子供服へと展開していきます。

戦後になっても日本の赤ちゃんの肌着やおしめのレベルは当時の西洋と比べて低かったのです。

おしめは二重だったので洗濯は大変だし、乾くのも遅い。

肌着はざらざらで汗を吸わない。

そういうことに主人公の坂東すみれと仲間たちはどんどん気づいていき、素材からこだわって作って行くのです。

画期的なことだったのですね。自身と仲間たちがちょうど赤ちゃんを抱えていたから思い付いたことですね。