食べもの

安発伸太郎(あわしんたろう)のwikiは?修行レストランとフランス料理も

引用元:twitter

あわしんたろう(安発伸太郎)さんはフランス在住でフランス料理の料理人として知られています。

あわさんの高校や出身はどこかや、なぜフランス料理?

いつからフランスにいるの?など、wiki風プロフィールや修行レストランなどを調べてみました。

安発伸太郎のwiki風プロフィール

引用元:twitter
年齢:32歳(2018年現在)

生年月日:1986年

出身地:栃木県宇都宮市

職業:料理人

最終学歴:高校の料理科

宇都宮短期大学附属高等学校の料理科だといわれています。

渡仏:18歳

現住所:フランス・パリ (2011年- )

趣味:旅行・写真撮影・ファッション

あわさん、フランス料理はクラシックが好きだそうですよ。

いいワインを飲む時は、ワインに合わせてグラスもそれなりのもので飲むそうですよ。

ご自分でもいわれていますが、すご~くこだわる人なんですね。

そういう追求するエネルギーがある人って成功しますよね。



 

安発伸太郎のフランス料理の修行レストランは?

ニコラ・ル・ベック (18歳)

リヨンのミシュラン1つ星でその後2つ星。今はもうない。

レジス・エ・ジャック・マルコン (20歳-)

リヨンのミシュラン2つ星レストラン

ポール・ボーキューズ(23歳~24歳)

リヨンのミシュラン3つ星レストランで世界的に有名

ホテル・ル・ブリストル・パリ (24歳-)

パリのミシュラン3つ星レストラン

カンヌの邸宅

シャングリラホテルのラベイユ

パリのミシュラン2つ星レストラン

ホテル・ル・ブリストル・パリの副料理長 (-現在)

 

安発伸太郎がフランス料理を選んだ理由は?

引用元:twitter

あわさんのご実家の家業が日本料理屋だそうです!

でも視野を広げるため、あえてフランス料理を選んだそうです。

なぜなら、フランス料理は世界が認めている料理だからというのが理由。



 

安発伸太郎が注目されたサンペレグリノ・ヤングシェフ2016とは

あわさんが注目されたのは、2016年にイタリアのミラノで開催された若手料理人の2016年の世界一を決める大会で決勝戦に進出しました。

※サンペレグリノはイタリアのミネラルウォーターで、発泡しています。

大会の名前は「サンペレグリノ・ヤングシェフ2016」です。

この大会で、日本人の料理人がフランス代表に選ばれて、料理の世界大会で決勝進出!という前代未聞?の展開になり、あわしんたろうさんが話題になったのです。

安発伸太郎さん、20人の中からファイナルの3人に選ばれています。

フランス代表が安発伸太郎さん、あとの2人はスペイン代表とアメリカ代表。

スペイン代表はダビッド・アンドレス、アメリカ代表はミッチ・ライアンハード。

引用元:twitter

最初にも書きましたが、安発さんがフランス代表という意味は、本場フランス人の料理人たちに勝ったということです!

すご~い!

日本人がフランス代表ですよ!

信じられない展開なんですね。



 

↓ これがフランス人料理人たちに勝ってフランス代表に選ばれた時の場面!

引用元:sanpellegrino

決勝は2016年10月15日でした。

サンペレグリノ・ヤングシェフ2016の優勝者は?

ミッチ・ライアンハードさん! アメリカ代表です。

おめでとうございます!

引用元:sanpellegrino

安発伸太郎さん、残念でした!

フランス代表がアメリカ代表に負けてしまいましたね ^^;

アメリカ代表の料理が気になりますが・・

料理は、「スパイスを効かせたオレンジとヤム芋を添えたロースト・ダック」でした。

ちなみに2018年サンペリグリノ・ヤングシェフの優勝者は日本人で、藤尾康弘(ふじおやすひろ)さんでした。



 

error: Content is protected !!