海外セレブ

アンジェリーナ・ジョリーの子供は何人? 年齢と名前は?学校もチェック!

引用元:https://twitter.com引用元:https://twitter.com

アンジェリーナ・ジョリーが

ブラッド・ピットに

離婚の申し立てをしたことで、

二人の子供たちがどうなるのか、

とっても気になっています。

ブランジェリーナ一家は大家族ですから。

アンジェリーナ・ジョリーの子どもは

いったい何人いるのでしょうか。

アンジェリーナ・ジョリーの子供たちの

年齢や名前、学校をチェックしてみました。



 

アンジェリーナ・ジョリーの子どもは何人?

アンジェリーナ・ジョリーの子供は全部で6人です。

実子3人(女の子2人、男の子1人) 10歳と8歳の双子

養子3人(男の子2人、女の子1人) 15歳、12歳、11歳



 

アンジェリーナ・ジョリーの子供の年齢と名前は?

アンジェリーナ・ジョリーの実子の名前と年齢は:

シャイロ・ヌーベル・ジョリー・ピット

年齢:12歳 

生年月日:2006年5月27日

出生地:ナミビア生まれ

このシャイロちゃんは、一見男の子に見えるんですよね。

本人も女の子のかっこうが嫌いなんですって 笑。

下のシャイロちゃんの写真見てください。

メッチャかっこいい男の子に見えますよね。

もしかしたら、同性愛なのでしょうか。

まあ、時代的に同性愛は全く問題ありませんが。

それにしても両親が美男美女カップルなんで、

娘はメチャ可愛いですねぇ。

ノックス・レオン・ジョリー・ピット 

ヴィヴィアン・マーシェリン・ジョリー・ピット

年齢:10歳 

生年月日:2008年7月12日

出生地:フランス・ニース生まれ

男女の双子



 

アンジェリーナ・ジョリーの養子の名前と年齢は:

マドックス・チヴァン・ジョリー・ピット

年齢:17歳

生年月日:2001年8月5日

養子になった日:2002年3月

出生地:カンボジア

ザハラ・マーレー・ジョリー・ピット

年齢:13歳

生年月日:2005年1月8日

養子になった日:2005年7月

出生地:エチオピア

パックス・ティエン・ジョリー・ピット

年齢:14歳

生年月日:2003年11月29日

養子になった日:2007年3月

出生地:ベトナム

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットは

2016年9月にシリア難民の子どもを

養子に迎える予定と報道されていましたが、

離婚申し立てでダメになったのでしょうね。

6人いて、7人目!
まあ、6人でも7人でもあまり変わらないと言えば・・笑

数いるハリウッドセレブの中でも、
基金を作って多額の寄付をしている
アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットは偉いと思います。

ブランジェリーナのようには、なかなか出来ることではないです。
だから今回の2人の結婚生活の破綻はとても残念です。



 

アンジェリーナ・ジョリーの子供の学校は?

アンジェリーナ・ジョリーの子供の学校は、ホームスクール!です。

どんな学校に通っているのかと思ったら、なんと、ホームスクールでした。

ホームスクールとは、学校に行かないで、家庭で学校教育を受けるのです。

アメリカでは合法なのです!

ホームスクールを受けた子供は大学にも行けるようになっています。

 

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットは億万長者なんで、それぞれの子に家庭教師を付けているそうです。

それも、その子の国籍や宗教を考慮して、

バックグラウンドが同じ家庭教師に教えてもらっているそうです。

例えば、長男マドックスくんの場合は、

家庭教師の先生は、カンボジア人で仏教徒ということになります。

カンボジア人の先生といってもカンボジア系アメリカ人でしょうけど。

ザハラちゃんの場合は、エチオピア系アメリカ人が家庭教師をしているのでしょう。

エチオピアの宗教は3分の2がキリスト教、3分の1がイスラム教。

ザハラちゃんは孤児だったので、親の宗教は不明でしょう。

フランス生まれの双子は、フランス系アメリカ人の家庭教師でしょうか。

英仏語のバイリンガル教育をしているのでしょうか。

アンジェリーナ・ジョリーのお母さんはフランス人だと思っていたのですが、違っていました。

お母さんはイリノイ生まれのアメリカ人でした。

母方の祖父の家系がフランス系カナダ人で、ネイティブアメリカンの血も入っているそうです。

でも19世紀半ばにカナダからアメリカに移民しているので、アンジェリーナ・ジョリーの母方もバリバリのアメリカ人ですね。

引用元:https://pixabay.com引用元:https://pixabay.com
6人も子どもがいると、ホームスクールっていいかもですね。
なにせ、学校の送り迎えが不要だし、お昼は全員そろって家族でご飯が食べられるし。
お勉強だって、その子のペースで進められるし。いじめに遭うこともないし。

ホームスクールは、アメリカの場合、お金持ちでなくても受けられます。

インターネットのコースを取ることも出来るし、親が教えることも出来るそうです。

アメリカは広いので、すごーい田舎に住んでいる子どもも利用しているそうです。

ブランジェリーナ一家の子供たちが将来どういう道に進んでいくか、楽しみです。



 

error: Content is protected !!