引用元:kireinasekai




オクラは夏が旬な野菜です。ネバネバが身体にいいと「ためしてガッテン」でもやっていました。

ところで、オクラの英語圏での呼び名が面白いってご存じでした!? 

オクラの英語の語源や発音も調べてみました。


オクラの英語圏での呼び名は?

英語圏でオクラの呼び名は「OKRA」です。えっ、笑っちゃいました?!

日本語でオクラをローマ字表記すると「OKURA」となりますから、「U」があるかないかの違いです。

実は「オクラ」は英語から来ているのです!日本に元々ない野菜なんですよ。

コレステロールを抑え、血糖値の急激な上昇も抑えるのです。

夏になるとよく食べるソーメン! 血糖値が気になる人は、刻んたネバネバの生オクラも一緒に食べましょう。

オクラのネバネバに、糖の吸収を30%も抑える効能があるのです。「ためしてガッテン」でやっていました。

オクラの面白い呼び名(別名)は?

オクラの別名が面白いですよ。

LADY’S FINGER(レイディーズフィンガー) といいます。

「女性の指」という意味です。

オクラの形が女性の指に似ていると付けられたのですね。

https://pixabay.com
引用元: pixabay

う~ん、女性の指にしては太い!笑

それにザラザラの産毛もついているし・・

あ、この画像はイラストなんで、産毛はついてないです。

話は戻りますが、なんでこんなゴツゴツしてぶっとい形が「女性の指」なんですかぁ? 

日本には「白魚(しらうお)のような指」という美しい表現がありんすよ。

「オクラのような指」なんて、緑の妖怪の指!? 笑

「君の指はオクラのようだね」なんて男性から言われたら・・嬉しい女なんていませんよ!

「君の指はオクラのようで美味しそう」と言われたら、まあ許せるかも!笑




オクラの英語の語源は? ガーナ説は違う!

オクラの英語「OKRA」の語源は、ナイジェリアのイグボ語で「ネバネバした植物」という意味「OKURU」から来ています。

ガーナ説の「NKURUMA」が語源は違いますね。「NKURUMA ヌクルマ」では、「OKRA」に音が全く似ていません! 

誰がガーナ説を言い出したの?




オクラの英語の発音は?

オクラの英語「OKRA」の発音は、日本語のオクラ「OKURA」とやはり全然違います!

アメリカ英語は「オウクラ」と「オウ」が強くなります。

イギリス英語は「クラ」で「オ」を強く発音します。

書いているうちにオクラが食べたくなったオバサマです^^

オクラは花も食べられるとのこと。オクラの花の天ぷらが美味しそうです。

引用元:楽天レシピ

生のオクラの花を刻んでサラダに入れるのが簡単で良さそうですね。

ただ、オクラの花はなかなか手にはいらないので、オクラの自家栽培をしなくちゃでしょうか。

ああ、面倒だ!

おすそ分けを期待?!笑




まとめ

オクラの英語は「OKRA」(オクラ)。オクラの英語の別名は 「Lady’s Finger」(レディーズフィンガー)。

アメリカ英語とイギリス英語では発音が違います。

語源はナイジェリアのイグボ語で、ネバネバしたという意味の「OKURU」(オクル)でした。